アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

日本の住宅事情の変化

日本経済の変化に伴い、住宅や家の形態も変化していきました。
日本の建築は、一戸建て至上主義とまでいわれておりました。
1990年代までの日本経済は、商品を作れば売れ、作れば売れ、企業の業績は上がり、個人の給料が上がるとても良いサイクルでした。
しかし、1993年のバブル経済の崩壊、2008円のアメリカの大手外資系投資会社であるリーマン・ブラザーズが倒産しリーマン・ショックが世界中に襲ったことにより、日本経済も悪化していきました。
一戸建てで家を建てることは、大変費用や時間といったコストがかかることから、一戸建てで家を建てる人は少なくなってきました。
そこから、中古物件、中古住宅を購入する人が増えてきました。

日本の中古物件、中古住宅の購入者数はまだまだ少ないですが、ヨーロッパではたいへん多くの人達が、中古物件、中古住宅の購入を行っております。
一軒家を建てるができず、賃貸に住む人も増えてきました。
賃貸に住む際、大家さん、持ち主が提示した金額で住むこともできますが、積極的に家賃交渉を行い、賃貸の費用を安くすと良いでしょう。
また、賃貸に住む際に、家賃交渉を行って仲介手数料をもらっている会社に、代理で交渉をお願いするとよいでしょう。
最近では、賃貸の家賃交渉を行い仲介手数料をもらう会社も増えてきております。
自分で家賃交渉を行うのが難しい場合は、家賃交渉を行い仲介手数料をもらっている専門の会社に委託すると、自分でやるより時間と労力が省けます。
このように、提供者と消費者の間に入り、交渉を行い、仲介手数料をもらう業者は、近年増加傾向にあります。

関連リンク